外部サイト移動へのご注意

予約・購入サイト「Webket」に移動します。
よろしいですか?
いいえ

ニッポンウミシダ

学名:Anneissia japonica

腕の長さが15cmに達する比較的大型のウミシダ。腕の本数は40本を超える。色彩の変異が大きい。

 

分布:房総半島および佐渡島以南

ワヌケヤッコ

インドオオコノハズク

こちらもおすすめ

  1. アカウニ

    暖かい地域に多く、西日本では重要な食用ウニ。…

  2. コマチクモヒトデ

    和名のコマチはウミシダを意味し、本種はウミシダと共生するクモヒトデとしてよく…

  3. コブヒトデ

    体の中心から腕の先まで10㎝を超える大型のヒトデ。背面にある大きなコブのよう…

  4. イシダタミヤドカリ

    歩脚は全体的に赤く、顆粒突起が散在する。腕節付け根に紫の斑紋を持つ。…

  5. ヤマトウミウシ

    体色は黄色または青緑色をしている。大小様々な球状突起で覆われている。…

  6. マボヤ

    その見た目から「海のパイナップル」とも呼ばれる。分類学的にはヒトなど脊椎動物…

  7. ハブクラゲ

    毒性が非常に強い。四隅にある葉状体から糸状の触手を持つ。…

  8. イソギンチャクモエビ

    浅海のサンゴ礁に生息し、大型イソギンチャク類の周囲で共生する。…

全種名50音インデックス

ピックアップ生きもの