施設案内

鳥羽水族館は、多くの生きものたちに出会える巨大水族館。館内は12のテーマにゾーン分けされ、順路を気にすることなく自由に観覧できるのが大きな特徴です。イルカやアシカ、ラッコなどの海獣類が多く、特に人魚伝説のモデルとも言われるジュゴンは日本で唯一、同じ海牛類である川に棲む巨大なアフリカマナティーをあわせての2種を同時に飼育展示しているのは世界でもここだけという珍しい水族館でもあります。
またサンゴ礁や世界の川などの環境をそのまま再現した巨大な環境水槽には数多くの魚、クラゲ、カエル、水生昆虫など、約 1,200種もの多種多様な生きものたちが暮らしています。
アシカのショーやセイウチふれあいタイムも毎日行われていて、他では体験することのできない館内展示や楽しいショーは、どんな年齢の方にも驚きと感動を与え、生きものたちの不思議さと素晴らしさを教えてくれます。

施設名 鳥羽水族館
住所 〒517-8517 三重県鳥羽市鳥羽3-3-6
創設 1955年5月15日
敷地面積 15,807m2
建築面積 11,854m2
延床面積 24,170m2
建物 鉄筋コンクリート造 5階建
総水量 約6,000トン
飼育動物 約1,200種30,000点

飼育種・点数

キャッチフレーズは “飼育種類数 日本一”

2013年5月、開館58年を迎えた鳥羽水族館。開館以来年々増えた飼育生物の種類数が約1200種となり、日本動物園水族館協会に加盟する日本の水族館の中でトップになったことから「感動を与え続ける水族館」に加え「飼育種類数日本一」をキャッチフレーズに、日本で最も多くの種類の生きものを飼育する水族館としても打ち出していくことに致しました。

これまでの歩み

鳥羽水族館は1955年5月15日に開館しました。これまでの長い歴史の中では世界初スナメリの飼育下での繁殖成功や日本初ラッコの赤ちゃん誕生の他、世界各地で地道な調査研究活動を続け、ジュゴンの飼育下での長期飼育世界記録達成や世界初のオウムガイ3世誕生など様々な生きものの飼育実績を上げてきました。 それとともに開館時には50種ほどだった飼育種類数も徐々に増え、1994年(平成6)にはそれまでの空間が約4倍となった新鳥羽水族館が完成し飼育種類も700種を超えました。その後も日本初のアフリカマナティーの飼育展示や水の回廊ゾーンの増設に伴い種類数を増やし、2011年(平成23年)に1000種類の大台を突破、そして開館58年の2013年、飼育種類数が約1200種まで到達しました。  2013年夏には変わった生きものたちを集め飼育展示する「へんな生きもの研究所」がオープンし、今後、鳥羽水族館は「日本で唯一飼育するジュゴンからへんな生きもの研究所の小さな変わった生きものまで約1200種類もの生きものを飼育する飼育種類数日本一の水族館(約1200種30000点を飼育)」をキャッチフレーズとしてさらに充実した飼育・展示を目指していきます。

生きものについて

2013年4月現在、哺乳類16種、魚類605種、は虫類45種、両生類37種、鳥類11種、無脊椎動物474種など約1200種を飼育しています。

動物取扱業に関する表示

氏名又は名称 株式会社 鳥羽水族館 代表取締役 奥出協
事業所の名称 鳥羽水族館
事業所の所在地 鳥羽市鳥羽3丁目3-6
動物取扱業の種別 展示 販売/保管/貸出し
登録番号 志展第18-1号 志販/志管/志貸 第28-1号
登録年月日 平成18年6月1日 平成28年10月20日
登録更新年月日 平成28年6月1日 平成28年10月20日
有効期間の末日 令和3年5月31日 令和3年10月19日
動物取扱責任者氏名 長谷川 一宏