外部サイト移動へのご注意

予約・購入サイト「Webket」に移動します。
よろしいですか?
いいえ

ホシササノハベラ

学名:Pseudolabrus sieboldi

ササノハベラ属は現在2種に分けらられている。本種は茶褐色の体色に、白色斑がある。地味な色合いだが、釣りでは良く釣れ、味もいいとされている。

 

分布:津軽海峡~九州西岸の日本海・東シナ海沿岸、八丈島、千葉県館山湾~九州南岸の太平洋沿岸、屋久島、瀬戸内海。済州島、台湾。

ルリコンゴウインコ

アーチャーフィッシュ(セブンスポット)

こちらもおすすめ

  1. アイブリ

    第1背鰭は黒く、体側上半に斜めの横帯が並ぶ。…

  2. ヨメヒメジ

    夜行性で海底付近でヒゲを使って餌を探す。…

  3. センネンダイ

    若魚は白い体に赤い横帯がみられるが、成長すると全体的に体色は赤くなる。岩礁や…

  4. アカザ

    水温の低い河川上流部に棲む小型のナマズの一種。胸鰭と背鰭に毒腺がある刺条を持…

  5. フサギンポ

    この仲間は小型種が多いが本種は個体によっては50cmを越える。頭部に総状の皮…

  6. ヌノサラシ

    危険を感じると体表から泡状の粘液毒「グラミスチン」を分泌して、身を守る。…

  7. チンアナゴ

    体側に大きな2つの黒色班があることが特徴で、犬の狆(ちん)に似ていることから…

  8. ミナミハコフグ

    黒斑の幼魚はとても可愛くて、人気がある。この黒斑は成長過程で消え、黒い緑の白…

全種名50音インデックス

ピックアップ生きもの