外部サイト移動へのご注意

予約・購入サイト「Webket」に移動します。
よろしいですか?
いいえ

モンガラカワハギ

学名:Balistoides conspicillum

体下半に白い水玉模様があり、美しい模様をしている。主にサンゴ礁に生息する。

 

分布:ほぼ幼魚/岩手県、鹿島灘~九州南岸の太平洋沿岸、新潟県~長崎県野母崎の日本海沿岸、鹿児島県南さつま市笠沙。八丈島、小笠原諸島、屋久島、琉球列島、南大東島、尖閣諸島。済州島、台湾東北部・南部、海南島、西沙諸島、インド-西太平洋(紅海とインド洋を除く)、フィジー諸島、サモア諸島。

ルリコンゴウインコ

アーチャーフィッシュ(セブンスポット)

こちらもおすすめ

  1. ゴライアス・タイガーフィッシュ

    全長150cmにも達する魚。本属では最大種となる。非常に活発で、口に入る魚は…

  2. ニシキアナゴ

    白とオレンジの体色が美しいアナゴの仲間。和名は織物の「錦」から付けられた。…

  3. ピラニア

    凶暴な面構えをしており”アマゾンの人食い魚”と言われているが、意外に臆病で神…

  4. オオモンハタ

    通常、浅い大陸棚水域の藻場や岩礁、死んだ珊瑚、藻の近くの細かい堆積物の底質に…

  5. アレンズダムゼル

    金属光沢のある美しいスズメダイの仲間。サンゴ礁域の浅瀬に小さな群れで生息して…

  6. イトベラ

    腹ビレの先が小さく糸状に伸びるのでこの名前が付けられたそう。…

  7. イヌザメ

    幼魚のうちは黒い縞模様をしている。成長すると体の色は灰褐色一色になる。…

  8. ヒフキヨウジ

    ヨウジウオの中でも比較的大型になる種で、イトヒキヨウジやワカヨウジと似るが、…

全種名50音インデックス

ピックアップ生きもの