外部サイト移動へのご注意

予約・購入サイト「Webket」に移動します。
よろしいですか?
いいえ

テギレダコ

学名:Callistoctopus mutilans

長い腕が特徴の浅海に生息するタコ。刺激を受けると腕を自切することから和名がついている。

 

分布:相模湾以南

ボンボリカエルアンコウ

リスベキア・プルケア

こちらもおすすめ

  1. ベニクラゲムシ

    扁平な体をもつクシクラゲの仲間。…

  2. タスマニアンキングクラブ

    甲の幅が世界最大級の40cm以上にもなる大型種。…

  3. アメリカカブトガニ

    生きている化石と呼ばれ、4億4500万年前の地層から近縁種が見つかっている。…

  4. ウミカラマツ

    水深10メートル以深の岩礁に着生する。…

  5. アミメノコギリガザミ

    河口やマmmグローブ湿地に生息する大型種。干潮時は砂泥の巣穴にひそんでいて、…

  6. サメハダテナガダコ

    体表背面は大小不揃いの白色の粒状突起に覆われている。また、第1腕が特に長く、…

  7. ウリクラゲ

    見た目が瓜のような姿をしている。大きな口をあけて、カブトクラゲなどを丸呑みに…

  8. カミクラゲ

    冬から春にかけて、本州から九州の太平洋岸に出現する。ポリプがどこでどのような…

全種名50音インデックス

ピックアップ生きもの