外部サイト移動へのご注意

予約・購入サイト「Webket」に移動します。
よろしいですか?
いいえ

アラスカラッコ

学名:Enhydra lutris kenyoni

良質の毛皮を持つため乱獲された歴史がある。海面で仰向けになり、お腹の上に置いた石で貝を割って食べる。

 

分布:北太平洋北部

アメリカビーバー

オタリア

こちらもおすすめ

  1. アフリカマナティー

    日本では鳥羽水族館でしか見ることができない。ジュゴンと同じく草食性の海獣で、…

  2. コツメカワウソ

    カワウソ類の中では最も小さく、小さな爪をしていることが種名の由来。手先が器用…

  3. ハイイロアザラシ

    体は濃灰色で黒色の斑紋が点在。他のアザラシとは違い、馬のような長い顔が特徴的…

  4. イロワケイルカ

    白と黒のコントラストが美しい世界最小クラスのイルカ。胸鰭前縁にギザギザした小…

  5. ミナミアフリカオットセイ

    オットセイの仲間では最も大きくなる種類。体を覆う剛毛の下には綿毛のような下毛…

  6. タイヘイヨウセイウチ

    セイウチの特徴は2本の長いキバと口の周りの400~500本のヒゲ。キバは上顎…

  7. カリフォルニアアシカ

    国内の動物園・水族館で最も多く飼育されている種類のアシカ。運動能力が高く俊敏…

  8. スナドリネコ

    ヤマネコの仲間で、野生では沼地や河辺に生息している。前足の指の間には、水かき…

全種名50音インデックス

ピックアップ生きもの