外部サイト移動へのご注意

予約・購入サイト「Webket」に移動します。
よろしいですか?
いいえ

フンボルトペンギン

学名:Spheniscus humboldti

南米太平洋岸のフンボルト海流に沿って生息することからこの名がついた。胸に黒い帯が1本あり、目の上の白い帯が細く、嘴つけ根のピンク部分が広いのが特徴。

 

分布:チリ、ペルー

ミシシッピーワニ

モモイロペリカン

こちらもおすすめ

  1. オシドリ

    渓流や水質の良い湖沼の周辺に生息する。イメージと異なり、実際は毎年繁殖ペアを…

  2. ペキンアヒル

    マガモを家禽化した品種で、世界各国にさまざまな品種がいる。本品種は東アジアで…

  3. メンフクロウ

    お面をつけたような顔が名前の由来。この顔でパラボラアンテナのように音を集める…

  4. ルリコンゴウインコ

    かなりの大声で鳴き、遠くにいる仲間とコミュニケーションをとることができる。ま…

  5. コシグロペリカン

    名前の通り腰の部分の羽が黒いことが特徴。日本では2園館で飼育されているのみ。…

  6. チョウゲンボウ

    小型の猛禽類で、ハヤブサの仲間。獲物を見つけると急降下し、素早く捕まえる。…

  7. カルガモ

    人間と関わりのあるような水域(都会の河川や水田地帯)にも生息するため、親しみ…

  8. インドコキンメフクロウ

    小型で、フクロウとしては活発に動き回り、全体的に丸みを帯びた外観をもつ。野生…

全種名50音インデックス

ピックアップ生きもの