外部サイト移動へのご注意

予約・購入サイト「Webket」に移動します。
よろしいですか?
いいえ

ダトニオイデス

学名:Datnioides pulcher

体側には太く明瞭な黒色横帯が4本あり、眼にかかるV字状のもの、尾柄部の細い横帯を含めると計6本の横帯がある。

 

分布:タイ、カンボジア

ワヌケヤッコ

インドオオコノハズク

こちらもおすすめ

  1. アイブリ

    第1背鰭は黒く、体側上半に斜めの横帯が並ぶ。…

  2. ヨダレカケ

    岩礁域の潮上帯や飛沫帯に生息し、「陸地にすむ魚」としても知られる。…

  3. センネンダイ

    若魚は白い体に赤い横帯がみられるが、成長すると全体的に体色は赤くなる。岩礁や…

  4. アイスポットシクリッド

    最大60cmほどになる南アメリカ大陸最大のシクリッド。…

  5. フサギンポ

    この仲間は小型種が多いが本種は個体によっては50cmを越える。頭部に総状の皮…

  6. ヌノサラシ

    危険を感じると体表から泡状の粘液毒「グラミスチン」を分泌して、身を守る。…

  7. チンアナゴ

    体側に大きな2つの黒色班があることが特徴で、犬の狆(ちん)に似ていることから…

  8. ミナミゴンベ

    釣りではたまに釣れる程度の魚で、食用にはなっていない。…

全種名50音インデックス

ピックアップ生きもの