マリンギャラリー

鳥羽水族館 トップページ館内紹介 >マリンギャラリー


美しい貝殻・珍しい貝殻など世界の貝を展示する「Shells Collection」、貝標本・化石・書籍・フィギュアを中心としたミュージアムショップがあります。

 

シェルズコレクション

美しい芸術品のような貝殻は、古くから世界各地で装飾品や貨幣などに使われ、現在も海の宝石としてコレクターたちの心をとらえて止みません。
鳥羽水族館は、約1万3千種という世界有数の貝のコレクションを所蔵しており、その中でも世界一高価な貝としてギネスブックにも取り挙げられているリュウグウオキナエビスや世界最大の巻貝アラフラオオニシをはじめ、世界3名宝と呼ばれるオウサマダカラ、シンセイダカラ、サラサダカラ、日本3名宝と呼ばれるテラマチダカラ、ニッポンダカラ、オトメダカラなど、約1000種2000点の貝を展示しています。

寺町コレクション

鳥羽水族館所蔵コレクションの中心となっているのが寺町コレクションです。
京都の画家で貝類の収集家であった、故 寺町昭文氏は、約50年の歳月をかけて約7000種類の世界の貝類を収集されました。
このコレクションは量・質共に世界第1級のコレクションで、鳥羽水族館が永久保存することを条件にゆずり受けたものです。

貝のページ

美しい芸術品のような貝殻は、古くから世界各地で装飾品や貨幣などに使われ、現在も海の宝石としてコレクターたちの心をとらえて止みません。鳥羽水族館では、1967年より世界中の綺麗な貝殻、珍しい貝殻を展示・販売しております。
このページでは、貝に関するコラム、エッセイなど様々な情報を掲載します。
なお、鳥羽水族館では館内マリンギャラリーにおいて所蔵標本の一部を展示、ミュージアムショップにおいては貝殻の販売も行っております。