アメリカビーバーに赤ちゃん4頭誕生

2012年04月30日(月)


 4月30日、アメリカビーバーに4頭の赤ちゃんが誕生しました。鳥羽水族館での誕生は3年連続で、今回の出産は4頭。これで今回の小さなかわいい4兄弟を含め11頭の大家族になりました。



 展示室で赤ちゃんが誕生しているのを、確認したのは、飼育担当者が朝の見回りをおこなっていた30日午前7時頃。誕生後の子供たちは母親のお腹に潜り込んで、乳首に吸い付いて授乳するシーンも見られとても元気にしています。


 赤ちゃんは体長27cm~33㎝、体重は440g~520gほどで、ふわふわとした黒い毛で覆われた姿はまるでヌイグルミのようです。現在、飼育担当者が水槽前で観察を続けながら、同時に一般公開も始めています。小さな赤ちゃんは両親と昨年までの子どもたちに囲まれて、見え隠れしていますが、時折、4頭の姿が見えると「かわいい」とお客様から歓声があがっています。水族館ではGW後半の人気者になることを期待しています。


父親  愛称   : ビバ (鳥羽水族館入館日:2008年7月18日)
 生年月日 : 2007年5月23日(みさき公園生まれ・大阪府)
 年齢   : 4歳11ヶ月
 体重   : 17kg
 体長   : 100cm
母親  愛称   : ノンノン (鳥羽水族館入館日2008年7月28日)
 生年月日 : 2006年6月12日(マリンピア松島水族館生まれ・宮城県)
 年齢   : 5歳10ヶ月
 体重   : 18kg(推定)
 体長   : 100cm
今回の
赤ちゃん4頭
 性別   : 不明
 体長   : 約27cm~33cm
 体重   : 約440g~520g

 


*2012年5月31日 残念ながら、今回生まれた赤ちゃん4頭のうち1頭が死亡しました。


*2012年5月31日現在、鳥羽水族館で飼育しているアメリカビーバーは10頭です。
(オス1頭、メス1頭、不明8頭[2012年4月30日生まれの赤ちゃん3頭を含む])


*ビーバーにストレスを与えないため、フラッシュ撮影は禁止とさせて頂きます。
 ご理解の程、よろしくお願い致します。


【アメリカビーバー】

北アメリカ大陸に生息するビーバーでダムをつくることで有名。哺乳類では数少ない一夫一婦で、一組の夫婦とその子供たちの家族で生活し、年に一度、1回の産出数は1-8頭 妊娠期間は105日前後と言われています。(65―130日の説もあり) 授乳は6週間程度で、2~3年で性成熟。生後2週間ぐらいで親の後を追って泳ぐ姿がみられるようです。


 


ビーバーライブ配信



ふわふわの赤ちゃん


お母さん、お腹すいたよ~



外部サイト移動へのご注意

予約・購入サイト「Webket」に移動します。
よろしいですか?
いいえ