祝 セレナ入館25周年

2012年04月15日(日)



お客様にも見守られて…


ケーキのお味は?

 4月15日、鳥羽水族館で飼育中のジュゴンの「セレナ」が入館25周年を迎えました。


 


 セレナが鳥羽水族館にやってきたのは1987年4月15日。その前年フィリピンでジュゴンの調査中に海を漂っていたところを保護され、あまりにも小さかった為約1年の現地飼育を経たのち、日比友好親善の証としてフィリピン政府から日本に贈られました。今では鳥羽水族館のアイドル的な存在として人気を博しています。


 


 当日は、午前午後の2回スタッフによるジュゴンの解説を行い、また「セレナ」にはサプライズでプレゼントとして世界初のジュゴン専用ケーキを贈りました。ケーキと言っても私たちが食べるような生クリームでできたものではなく、アマモで作った緑色のスペシャルケーキで、25周年を記念して「25」の数字もデコレーションしました。ダイバーがケーキを運んでくるや否や、セレナはケーキに直行!勢いよく食べ始め、ダイバーが「セレナ入館25周年 おめでとう!」と書かれた横断幕を広げると、お客様からは驚きの声とともに、盛んにカメラのシャッターが切られました。 


 現在、ジュゴンの長期飼育世界記録は31年と152日。セレナが長生きをして新記録を樹立できるよう、これからも元気に過ごしてほしいと願っています。


 



当日はustreamにてライブ配信を行いました。
サプライズプレゼントを受け取ったセレナの様子はこちらからご覧いただけます。




外部サイト移動へのご注意

予約・購入サイト「Webket」に移動します。
よろしいですか?
いいえ