新米飼育係が稲刈りを行いました

2016年10月21日(金)



稲刈りに初挑戦!楽しそう


丁寧に刈り取ります

お米を収穫するこの季節、今年も新米飼育係による稲刈りが行われました。


 


 稲刈りを行ったのは「里山コーナー」にある田んぼ水槽。屋内にある水槽ですが、完全人工照明下でも稲が育つよう特殊な明るい照明が取り付けられており2001年より実際に稲を植え、毎年田植えや稲刈りなどを行っています。


 今年稲刈りに挑戦したのは、入社して1年を超えたばかりの夏井さん(20歳)と、入社7ヶ月の真鍋さん(23歳)です。


 10月20日(木)午後、お客さんと先輩飼育係が見守る中で2人は1人ずつ交代で、鎌を持って稲を刈り取り、約30分程度で作業を終えました。今年は高温の為か、稲の伸びがいまひとつでしたが、なんとかお茶碗一杯程のお米にはなりそうです。


 稲刈りが初体験だった真鍋さんは「意外と大変でしたが、刈ってみるとお米が出来ているのが良く分かった」と、嬉しそうに話していました。また、二人を見守った先輩飼育係は「お米の出来はあまり良くありませんが、新米飼育係の稲刈りの出来は良かったのでホッとしています。これからもいろいろな事に挑戦して、水族館に貢献できるような社員になって欲しい」と話していました。




外部サイト移動へのご注意

予約・購入サイト「Webket」に移動します。
よろしいですか?
いいえ