新米飼育係が初の稲刈り

2015年10月06日(火)



10月6日「里山のコーナー」の田んぼ水槽で新米飼育係が稲刈りをおこないました。
鳥羽水族館「里山のコーナー」の田んぼ水槽では、2001年より実際に稲を植え、毎年田植え、稲刈りなどをして育てています。
本年は入社してまだ1年にならない新人の飼育係2人(伊藤実穂さん23歳、竹居桃香さん20歳)が、研修の一環として5月の田植えから米作りに挑戦してきました。
稲刈りは、10月6日13:30頃よりお客さんと先輩飼育係の見守る中で行われ、約20分程度で作業は無事終了しました。今年も昨年と同じ収穫量で大体精米にすると1合ほどの量です。新人の2人は「鎌を使うのも初めてだったので、意外に大変でした」と話す一方、2人を見守った先輩飼育係は「2人でがんばって育てたお米なので、おにぎりにして食べて貰って明日からまたがんばってもらおうかな」と冗談交じりに話していました。



子どもたちに見守られて


鎌、初体験大丈夫?


「おにぎり」になるのが楽しみ?!



外部サイト移動へのご注意

予約・購入サイト「Webket」に移動します。
よろしいですか?
いいえ