新人トレーナーがショーデビュー!

2013年07月28日(日)


 2013年7月28日(日)、セイウチパフォーマンス笑(ショー)とアシカショーに2人の新人トレーナーがデビューしました。デビューを飾ったのは3月に話題となった水中入社式に挑んだ遠藤 志穂(えんどう しほ 23歳)と、その後に入社した大村 智(おおむら さとる 21歳)です。担当動物との信頼関係を育みながら、デビューに向けて励んできた練習の成果を大舞台で披露しました。


 


 遠藤トレーナーは11:00からのセイウチパフォーマンス笑(ショー)にデビュー。パートナーを組んだのはセイウチ「クウ(メス 推定8歳)」で、ハーモニカ吹きやモノマネなど7種目にチャレンジ。クウとともに体いっぱいで楽しさを表現したショーは、一緒に出演した先輩トレーナーとセイウチ「ポウ(オス 推定8歳)」との面白おかしい掛け合いとあいまって、お客さんの笑顔あふれる楽しい時間となりました。ショー終了後には「私自身はとても緊張しました。でもクウが落ち着いていたのでよかった。今後はお客さんにもセイウチたちにも楽しんでもらえるようなショーをしていきたいと思います。」と話していました。


 


 大村トレーナーは11:30からのアシカショーにデビュー。3頭のアシカと3人のトレーナーがそれぞれペアになって音楽隊として同時に出演するショーで、アシカの仲間のミナミアフリカオットセイ「リコ(メス 推定6歳)」とパートナーを組みました。大村トレーナーはショー全体の解説も担当しながら種目をこなすという大役。音楽隊としてアシカたちの演奏とともに自ら鍵盤ハーモニカを演奏するシーンでは、音が出なくなってしまうというハプニングが。会場の笑いを誘いながらも、得意の輪投げやキャッチボールといった種目を次々と見事にこなしていきました。ショーを終えて「強く息を吹き込みすぎて演奏を失敗してしまいました。これからはショーを見てくれたお客さんが『鳥羽水族館は面白い』と笑顔になってくれるようなショーをしていければと思います。」と話していました。


 


夏休みの日曜日、たくさんのお客様に見守られながらデビューした2人、これからの活躍にどうぞご期待ください!!



「クウ」といっしょ笑顔いっぱい!


満員のお客様に見守られながら。


「リコ」と息もぴったり!?



外部サイト移動へのご注意

予約・購入サイト「Webket」に移動します。
よろしいですか?
いいえ