バイカルアザラシ 新潟へ帰郷

2013年06月14日(金)



新潟市水族館のスタッフを見上げるカル


みんなの手でトラックへ


9か月ぶりの新潟へ出発!

 2013年6月14日午後6時、バイカルアザラシ1頭が新潟市水族館マリンピア日本海(新潟市中央区西船見町/以下、新潟市水族館)へ向け出発しました。


 これは新潟市水族館が今年7月15日のリニューアルオープンに向けた工事を行うための全面閉鎖に伴い動物を一時預かっていたもので、鳥羽水族館では5頭のバイカルアザラシ(オス1頭、メス4頭)と共に同居していました。(預かり期間:2012年9月18日~2013年6月14日)


 輸送はトラック(美術品輸送車・保冷可)で荷台内の温度を約10度に保ち、獣医師を含む飼育担当者2名と共に14日午後5時45分に鳥羽水族館を出発しました。途中、南知多ビーチランド(愛知県知多郡美浜町)でも預かり中の個体を積み、休息をとりながら新潟市水族館には15日午前6時頃に到着する予定です。
 預かっていたのは「カル(メス)」1頭で、水槽の水を抜いての捕獲作業にも終始落ち着いた様子。移動用のコンテナに乗せられた「カル」は体重測定を行い、素早くトラックへと運び込まれました。鳥羽水族館の飼育担当者は「若くて元気な個体で、活発にエサをねだる様子がよく見られました。寂しくなりますが、預かっていた大事な子が無事に新潟へ戻ってくれればと思います。」と話しています。 


 


新潟へ帰ったバイカルアザラシ 
名 前   カル
性 別   メス
年 齢   7歳(2006年4月18日 新潟市水族館生まれ)
体 重   55.4kg(2013年6月14日現在)
預かり期間  2012年9月18日~2013年6月14日

 




外部サイト移動へのご注意

予約・購入サイト「Webket」に移動します。
よろしいですか?
いいえ