新人トレーナーがショーデビュー!

2012年10月25日(木)



ショー会場は満員のお客様


ナナと息を合わせて元気よく!


ペンギン散歩もお客様がいっぱい


解説しながらの誘導は大変です

 2012年10月25日(木)、アシカショーとペンギン散歩に2名の新人トレーナーがデビューしました。

 今回デビューしたのは、寺澤 夏菜(てらさわ かな 23歳)と橋本 奈々(はしもと なな 21歳)の2人です。彼女たちは今年3月に話題となった水中入社式で飼育係への第一歩を踏み出し、魚類や海獣類など飼育全般の研修を行った後、正式にショーチームに配属され、これまで様々な経験を積んできました。
「子どもの頃、様々なショーを見たことがきっかけで飼育係を目指した」と話すこの2人。「明るく元気に、そしてお客様には楽しんで見てほしいです。」と意気込み十分でそれぞれの初舞台に臨みました。

 寺澤さんは11:30からのアシカショーに出演。パートナーを組んだのは今年で22歳のベテラン、アシカの仲間でオタリアの「ナナ」で、倒立やジャンプなどチャレンジした11種目の中には少し失敗もあったものの先輩ナナと助け合いながら次々と種目を成功させ、お客さんの大きな拍手を浴びていました。ショー終了後には「お客様がいっぱいで緊張しました。失敗した時は『どうしよう、ナナちゃん頑張って!』という気持ちで乗り切りました。なんとか無事に終えることが出来てほっとしています。今後は『あなたのショーを見ることができて良かった』と言ってもらえるようなトレーナーになりたいです。」と話してくれました。

 その30分後、橋本さんはペンギン散歩にデビュー。7羽の自由に歩きまわるペンギンたちをうまく誘導しながら解説もするというこれまた難しく責任重大な役目に一生懸命に挑戦し、解説中にペンギンたちが出口に向かってしまうハプニングもありながらも、新人ならではの体験談を交えたトークを披露すると、お客さんから拍手と共にたくさんの笑みがこぼれていたのがとても印象的でした。散歩が終わってからは「お客様が笑顔で見てくれていたのはよかったけれど、上手に誘導できなかったこともあったので、今日の出来は自己採点で40点くらい。これからはお客さんと対話ができるようなショーを目指して、私自身が笑顔と元気いっぱいで頑張りたいです。」と話していました。

今後の二人の活躍にご期待ください!




外部サイト移動へのご注意

予約・購入サイト「Webket」に移動します。
よろしいですか?
いいえ